幸せになりたいと思っている人へ。

木場です。

私の専門である「レジリエンス」
(失敗やつまずきから直ぐに立ち上がり、挑戦し続ける心理的能力)

は、ポジティブ心理学の主要研究テーマの一つです。

ポジティブ心理学は、アメリカ人心理学者のマーティン・セリグマン(元アメリカ心理学学会会長)が1998年に提唱。

従来の心理学は、鬱などの病気を対象にしてきたものが多かったんですが、このポジティブ心理学は、ポジティブな要素に対して研究されている心理学です。

実は、この心理学には

・ポジティブ心理学の権威 クリストファー・ピーターソン
・ポジティブ感情の専門家 バーバラ・フレドリクソン
・幸福研究の第一人者 エド・ディナー
・成功と幸福の関係を研究する ショーン・エイカー
・勇気の研究科 ロバート・ビスワス=ディナー

など多くの優秀な研究者がポジティブ心理学の発展に貢献しています。

だから、ひとつの心理学と言っても研究範囲はとても広いんです。

例えば、

・幸福
・強み
・感情
・楽観性
・モチベーション
・創造性
・リーダーシップ
・時間
・愛

・・・

そして、研究者たちはポジティブ心理学をこのように特徴づけています。

●自らの力で幸福度を上げることができる。
●「快楽」だけでは、真の幸せにはたどり着けない。
●楽観主義者の方が、病気になりにくい。
●宝くじが当たっても、1年後には幸福度は元に戻る。
●つらい感情もありのままに認めることができることが、心の健康につながる。
●選択肢が多くなりすぎると、人は悩む。

私は企業研修などで上記をいつも話しますが、
これだけでもみなさん色んな気づきがあるようです★

もし、私がポジティブ心理学を象徴するものあげるとすれば

コレです!!!

「成功するから幸せになるのではない。
幸せだから成功するのだ。」

というものです。

「いい人と結婚すれば幸せになる。」
「優秀な学校に入れば幸せになる。」
「給料が上がれば幸せになる。」

みなさんは、このように幸せを
先送りにしてきた経験はありませんか?

人生はずっと続くものではありません。

今ココで幸せになれる。
そして、目の前の幸せが、
さらなる幸運を運びこむ。

これを証明してくれているのが
ポジティブ心理学なんです。

I love Positive Psychology(*^^*)

また今度続きを書きますね♫

それでは!


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社キバックスインターナショナル 代表取締役 2018ミス・ユニバースジャパン・鹿児島大会オフィシャルトレーナー City University of Seattle, MBA(経営学修士号) 元スノーボードインストラクター テニスインターハイ選手(1994,1995) ◉1977年長崎県西海市生まれ。大学卒業後に就職したコンピュータ会社を辞め、経営学を学ぶために渡米。 ◉ワシントン州のCity University of SeattleでMBA(経営学修士号)を取得し富士通に入社。主要プロジェクトであるトヨタグループの海外生産物流(SCM)システムを任される。 ◉その後、ヘッドハンティングされ福岡の英会話スクールに営業責任者として入社。3000名以上の社会人に個別説明会を実施し、生徒数73%アップに貢献。 ◉長男の誕生を機に「将来グローバル社会で活躍する日本人を育てたい」 と、英会話×レジリエンス教育スクール・キバックスインターナショナルを設立。幼児・小学生のグローバル教育とビジネスマンに特化した独自のパーソナルトレーニングを実施。 ◉専門のレジリエンス(失敗や逆境から立ち直るメンタル力)研修を企業や自治体などで積極的に行い、シルク・ド・ソレイユアーティストにも関わる。その活動が評価され、ジャパンレジリエンスアワード2017「最優秀レジリエンス賞」を受賞。 ◉趣味のテニスは、高校時代にキャプテンとしてインターハイに出場するほどのテニスバカ。 【実績】 2018ミス・ユニバース・ジャパン鹿児島大会 英会話講師 シルク・ドゥ・ソレイユ アーティスト 慶應大学OB・OG 異業種勉強会 サンクチュアリ出版 GCDF-Japanキャリアカウンセラー継続学習 福岡県 私立沖学園(隆徳館中高)講演/教職員研修 サービス事業者協議会 福岡県大牟田市 家庭教育支援事業 福岡県大牟田市 介護支援事業 京都市立唐橋小学校 など 【表彰】 ジャパンレジリエンスアワード2017「最優秀レジリエンス賞」 (子供向けのレジリエンスレッスンを含め、2016年の600回以上の登壇は日本一の実績) 【メディア出演】 cross fm(福岡)「ネクステージヒーロー!」 KBCラジオ「PAO〜N(パオーン)」 COMI×TEN[コミてん]FM RADIO 【取材 】 ふくおか経済 など