吉武勲様:問題に直面しても自分の力を信じて俯瞰的に見れるように。人としてどうあるべきか、その姿勢を知ることができた。


公立高校英語教諭 吉武 勲様

木場さんに相談させていただいたキッカケは、仕事で今までにない大役がまわってきたことです。

それは、大学入試改革による授業力向上のため、英語教諭の私が「同じ立場の英語の先生たちに英語を教える」というもの。

同じ立場の先生方に英語を教えるというのは、今までにないことでしたし、かなりのプレッシャーやメンタルの負担を感じていました。

そんな時、木場さんから1対1のマンツーマンで「レジリエンス」を学ぶことで、ストレスを抱えてもそのままポキっと折れず、自分のペースに戻すということを意識し始めたんです。

悩んでいても、目の前の問題に対して俯瞰的に物事を見渡すことができるようになったので、ストレスで頭を抱えることが随分減りました!

木場さんは私に対して、今の自分にあったアドバイスや考え方をわかりやすく教えてくれるので、今はこれでいいんだなと一旦冷静になれるんです。

そうしたら「これは大したことじゃないんだ」と、問題自体を楽めるようにもなりました。

このプロジェクトを1年間続けてきた結果、「同じ目線で授業をしてくれて、とても和やかだった。」など、参加者の先生方にありがたい言葉をたくさん頂き、貴重な経験になりました。

おかげで、問題に直面しても、跳ね返せる度合いが前より全然違います。

落ち込んでも戻ってくる力を当たり前にするレジリエンス。

木場さんから学んで本当によかったと心から感じています。


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社キバックスインターナショナル 代表取締役 2018ミス・ユニバースジャパン・鹿児島大会オフィシャルトレーナー City University of Seattle, MBA(経営学修士号) 元スノーボードインストラクター テニスインターハイ選手(1994,1995) ◉1977年長崎県西海市生まれ。大学卒業後に就職したコンピュータ会社を辞め、経営学を学ぶために渡米。 ◉ワシントン州のCity University of SeattleでMBA(経営学修士号)を取得し富士通に入社。主要プロジェクトであるトヨタグループの海外生産物流(SCM)システムを任される。 ◉その後、ヘッドハンティングされ福岡の英会話スクールに営業責任者として入社。3000名以上の社会人に個別説明会を実施し、生徒数73%アップに貢献。 ◉長男の誕生を機に「将来グローバル社会で活躍する日本人を育てたい」 と、英会話×レジリエンス教育スクール・キバックスインターナショナルを設立。幼児・小学生のグローバル教育とビジネスマンに特化した独自のパーソナルトレーニングを実施。 ◉専門のレジリエンス(失敗や逆境から立ち直るメンタル力)研修を企業や自治体などで積極的に行い、シルク・ド・ソレイユアーティストにも関わる。その活動が評価され、ジャパンレジリエンスアワード2017「最優秀レジリエンス賞」を受賞。 ◉趣味のテニスは、高校時代にキャプテンとしてインターハイに出場するほどのテニスバカ。 【実績】 2018ミス・ユニバース・ジャパン鹿児島大会 英会話講師 シルク・ドゥ・ソレイユ アーティスト 慶應大学OB・OG 異業種勉強会 サンクチュアリ出版 GCDF-Japanキャリアカウンセラー継続学習 福岡県 私立沖学園(隆徳館中高)講演/教職員研修 サービス事業者協議会 福岡県大牟田市 家庭教育支援事業 福岡県大牟田市 介護支援事業 京都市立唐橋小学校 など 【表彰】 ジャパンレジリエンスアワード2017「最優秀レジリエンス賞」 (子供向けのレジリエンスレッスンを含め、2016年の600回以上の登壇は日本一の実績) 【メディア出演】 cross fm(福岡)「ネクステージヒーロー!」 KBCラジオ「PAO〜N(パオーン)」 COMI×TEN[コミてん]FM RADIO 【取材 】 ふくおか経済 など