熊谷祥子様:「心をしなやかに整える」レジリエンスの概念に救われた!!!ミセス・インターナショナル2019日本大会を臆せず楽しめたのは、木場さんのおかげ。

病院勤務・理学療法士(ピラティスコーチ)
熊谷祥子様

初めてレジリエンスを知ったのは、木場さんが主催する『感情とうまく付き合い、仕事や恋愛で結果を出す方法』女性限定セミナーでした。

セミナーでは、感情や思い込みなどの話など、とても面白く「すごい!小難しい心理学とは違う!」と感動。

一緒に来ていた友人と前のめりになるくらい、「そうそう!そうなんよね!」と納得。

それからずっとレジリエンスに興味を持っていました。

木場さんからは英会話を習っていたのですが、ひょんなことからミセス・インターナショナル(ミズ・ファビュラス部門)に出ることになり、レジリエンスコーチングもお願いすることにしました。

3か月とは言え、仕事と大会準備の両立は、想像以上に大変で焦る毎日。

頑張りたいけど、なかなか目の前のタスクが処理できず、いっぱいいっぱい。

他のコンテスタントと自分を比べてモヤモヤ。

そんな時、木場さんから「英会話の時渡していた、DAY SHEET使ってる?」

「ん?!そんなのありました?」というわたし(笑)

今日できたことに「◎」、できなかったことには「〇」をつけていくシンプルなシートなのですが、自分に「×」をつけないので、あ~今日もよくやった!と自然と思え、自信にもつながる優れモノ。

英会話レッスンの初回にもらってから、全く覚えていなかったシート(笑)のおかげで、本番は自分ができることをステージで出し切れたので、とても感謝しています。

木場さんは、客観的に話を聞いた上で、気持ちいいくらいサクッと障害物を取り除いてくれるから、物事をシンプルにしてくれるんです。

そして、元々持っているのに使わなくて弱ってしまった能力を再び取り戻すところも、私の理学療法士の仕事と一緒なんだなと共感しました。

 私が思うに、木場さんはみんなの「身近な希望の星」なのかも。

レジリエンスは「心をしなやかに整える」ということだから、身体の芯を整えて、心との一体化を目指すピラティスの考えと一緒の部分があって、自分の内側ってやっぱり大事という風にも繋がりましたね。

「今、身近にできることからやっていこうよ」というスタイルだから、余計なことを考えて足踏みしてしまわなくなるし、なんかできそうな気がする!と自然に思わせてくれる。

何かに挑戦したいけど一歩が踏み出せない女性や、将来に漠然とした不安を感じている人に是非受けて欲しいレジリエンスコーチングです。

幸せ感上がりますよ♪

ABOUTこの記事をかいた人

レジリエンスコーチ 木場 真一

株式会社キバックスインターナショナル 代表取締役 レジリエンスコーチ 2018ミス・ユニバースジャパン・鹿児島大会オフィシャルトレーナー City University of Seattle, MBA(経営学修士号) 元スノーボードインストラクター テニスインターハイ選手(1994,1995) ◉1977年長崎県西海市生まれ。大学卒業後に就職したコンピュータ会社を辞め、経営学を学ぶために渡米。 ◉ワシントン州のCity University of SeattleでMBA(経営学修士号)を取得し富士通に入社。主要プロジェクトであるトヨタグループの海外生産物流(SCM)システムを任される。 ◉その後、ヘッドハンティングされ福岡の英会話スクールに営業責任者として入社。3000名以上の社会人に個別説明会を実施し、生徒数73%アップに貢献。 ◉長男の誕生を機に「将来グローバル社会で活躍する日本人を育てたい」 と、英会話×レジリエンス教育スクール・キバックスインターナショナルを設立。幼児・小学生のグローバル教育とビジネスマンに特化した独自のパーソナルトレーニングを実施。 ◉専門のレジリエンス(失敗や逆境から立ち直るメンタル力)研修を企業や自治体などで積極的に行い、シルク・ド・ソレイユアーティストにも関わる。その活動が評価され、ジャパンレジリエンスアワード2017「最優秀レジリエンス賞」を受賞。 ◉趣味のテニスは、高校時代にキャプテンとしてインターハイに出場するほどのテニスバカ。 【実績】 2018ミス・ユニバース・ジャパン鹿児島大会 英会話講師 シルク・ドゥ・ソレイユ アーティスト 慶應大学OB・OG 異業種勉強会 サンクチュアリ出版 GCDF-Japanキャリアカウンセラー継続学習 福岡県 私立沖学園(隆徳館中高)講演/教職員研修 サービス事業者協議会 福岡県大牟田市 家庭教育支援事業 福岡県大牟田市 介護支援事業 京都市立唐橋小学校 など 【表彰】 ジャパンレジリエンスアワード2017「最優秀レジリエンス賞」 (子供向けのレジリエンスレッスンを含め、2016年の600回以上の登壇は日本一の実績) 【メディア出演】 cross fm(福岡)「ネクステージヒーロー!」 KBCラジオ「PAO〜N(パオーン)」 COMI×TEN[コミてん]FM RADIO 【取材 】 ふくおか経済 など