僕がテニスコートを作った本当の理由

そうなんです!

テニスコートを自分で作っちゃったんです。

中学生の時に。

当時の部活は、軟式テニス部でした。

しかも部員が5人ぐらいしかいない、地区大会も勝ち上がるのが精一杯の弱小チーム。

でも、僕は思ったんです。

プロの道がない軟式テニスより、プロがやってるカッコイイ本物のテニス(硬式テニス)がやりたいって。

だから、長崎で一番強い学校に行きたい!!!

って、大して強くもないのに、家族に相談してみたんです。

そしたら、親、兄弟、そして親戚までもが口を揃えて

「こんな田舎からそんな強い学校に行ったって、レギュラーなれんし大変だって!」

僕はそれを聞いて

なんで、俺の夢を叶えたことないくせに、分かったようなことを言うんだろう!

って、とっても悲しくなったんです。

でもでも、ここで諦めたら全てが終わると言うか、何も始まらない。

夢を叶えるためには、親を説得させるしかないわけですよ。

こいつ本気やって。

当時、家の近くに地区のグランドがあったんですね。

僕は、

よし!ここにテニスコート作って、マジメに練習している姿を親が見れば、強豪校への進学を認めてくれるかも!

と、ひらめいたんです。

今思えばアホですよね。

自分でテニスコート作るって笑

さぁ、早速工事開始です!!

まずはテニスのルールブックを買って、コートのサイズをはかり、、、

運動会でおなじみのラインマーカーに石灰を入れ、ラインを引いたんです。

おおーーできてきた、いい感じいい感じ^ ^

でも、待てよ、、、ネットがないとテニスなんてできんぞ、、、

テニスコートのネットとか高すぎて、お小遣いで買えるわけがない。。。

そうだっ!!!!ここは漁業の町!!

魚を採るのに使う網を漁師さんにもらえばいいやん!!!

と、ひらめいちゃったのです。

早速、漁師さんのところに

「おっちゃん!網ちょうだい!!」ってお願いに行ったら、快くオッケー。

言ってみるもんだ笑

そして、その網をコートサイズに切り、チャチャーーーン!

テニスコートが見事に完成したのです!!!

完成したらこっちのものです。

暗くなるまで練習して、親にアピールするわけですよ。

俺、本気やって。絶対やるって!!

そして、俺全国大会絶対出る!ってホラ吹くわけです笑

そうしないと行かせてもらえないから。

でも、本気は人を動かすんですね。

無理なことが存在するんじゃなくて、無理と決めつけてる気持ちが、ただ存在するだけ。

夢って叶うんだということを身をもって体験させてくれた、お父さんお母さんに感謝の言葉しかありません。

ABOUTこの記事をかいた人

レジリエンスコーチ 木場 真一

株式会社キバックスインターナショナル 代表取締役 レジリエンスコーチ 2018ミス・ユニバースジャパン・鹿児島大会オフィシャルトレーナー City University of Seattle, MBA(経営学修士号) 元スノーボードインストラクター テニスインターハイ選手(1994,1995) ◉1977年長崎県西海市生まれ。大学卒業後に就職したコンピュータ会社を辞め、経営学を学ぶために渡米。 ◉ワシントン州のCity University of SeattleでMBA(経営学修士号)を取得し富士通に入社。主要プロジェクトであるトヨタグループの海外生産物流(SCM)システムを任される。 ◉その後、ヘッドハンティングされ福岡の英会話スクールに営業責任者として入社。3000名以上の社会人に個別説明会を実施し、生徒数73%アップに貢献。 ◉長男の誕生を機に「将来グローバル社会で活躍する日本人を育てたい」 と、英会話×レジリエンス教育スクール・キバックスインターナショナルを設立。幼児・小学生のグローバル教育とビジネスマンに特化した独自のパーソナルトレーニングを実施。 ◉専門のレジリエンス(失敗や逆境から立ち直るメンタル力)研修を企業や自治体などで積極的に行い、シルク・ド・ソレイユアーティストにも関わる。その活動が評価され、ジャパンレジリエンスアワード2017「最優秀レジリエンス賞」を受賞。 ◉趣味のテニスは、高校時代にキャプテンとしてインターハイに出場するほどのテニスバカ。 【実績】 2018ミス・ユニバース・ジャパン鹿児島大会 英会話講師 シルク・ドゥ・ソレイユ アーティスト 慶應大学OB・OG 異業種勉強会 サンクチュアリ出版 GCDF-Japanキャリアカウンセラー継続学習 福岡県 私立沖学園(隆徳館中高)講演/教職員研修 サービス事業者協議会 福岡県大牟田市 家庭教育支援事業 福岡県大牟田市 介護支援事業 京都市立唐橋小学校 など 【表彰】 ジャパンレジリエンスアワード2017「最優秀レジリエンス賞」 (子供向けのレジリエンスレッスンを含め、2016年の600回以上の登壇は日本一の実績) 【メディア出演】 cross fm(福岡)「ネクステージヒーロー!」 KBCラジオ「PAO〜N(パオーン)」 COMI×TEN[コミてん]FM RADIO 【取材 】 ふくおか経済 など